概要

新宿の損保ジャパンビル内にある美術館。バブル期に58億円で購入したゴッホ「ひまわり」の所蔵で有名。

名称損保ジャパン東郷青児美術館
URLhttp://www.sompo-japan.co.jp/museum/
住所〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階
TEL
開館時間午前10時~午後6時
休館日月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、年末年始
入館料一般1000円、高校・大学生600円、小中学生無料
交通JR新宿駅西口より徒歩5分

4000748697_d704d2a526.jpg

訪問記

訪問日

2009-10-11

アクセス

新宿駅からすぐです。西口の地下通路を歩き、東京モード学園への出口の少し先、N4出口からすぐそこです。損保ジャパンのビルに入り、エレベータで42Fまで上がります。以前、エレベータに閉じ込められたことがあり閉所が嫌いな私は、ちょっとこのエレベータが怖かった……。

館内

42Fの美術館入り口は、ちょっとした展望台になっています。館内はゆったりとはしていますが、椅子が少ないのであまりじっくりとは見られなかったかなぁ。また新宿という場所柄か、常に混雑していますね。

私が行ったときは、「ベルギー王立美術館コレクション - ベルギー近代絵画のあゆみ」をやっていました。ジェニー・モンティニー「冬の下校」が、冬の傾いた日差しを生き生きと表現していて素晴らしかった。ゴッホ「ひまわり」は常設展として置いてあります。しかし私には、正直、58億円の価値があるとは理解できんかった。すんません。